今後の世界経済と日本

2019年
世界経済が怪しくなり始める年になる可能性があります。

今までは一国の政治だけ、経済(株価や通貨)だけ、であったり
資源系の金だけ、オイルだけであったり
仮想通貨(暗号通貨)など新興市場だけであったり
それぞれがそれぞれで暴落することはありましたが

2019年は全てが同時クラッシュする可能性も
増している年であると感じます。

また、日本においては
オリンピックが終わればいよいよ経済は急下降だとか
オリンピック1年前から下降が顕著になるだとか
色々言われて来ましたが

世界の流れとタイミングを合わせて
私たちが子供の頃から教科書に載っていたような高齢化問題など
社会問題が懸念では無く体感で感じ易くなるだろうと思います。

少子高齢化問題
2040年には日本の人口が1億人を下回ります。

その半分が60歳以上になり
仕事をする所得層はたったの3500万人程度。

今のお年寄りはお金を持っていて活気があるのでまだ良いですが
2040年のお年寄りはお金をそんなに持っていない世代です。
日本は間違い無く貧乏国になります。

健康なお年寄りが増えて
平均寿命が100歳時代だとか
70でも80でも元気に働くのが当たり前の時代だとか
いやいやそんな歳まで働きたく無いよ。とか

そのようなニュースも見かけますが
寿命が延びるのも、歳を重ねても若々しい人が
昔よりも増えるのもその通りかとは思いますが

お年寄りばかりの貧乏国に
暮らしを支えるだけの収入となるような仕事は
今のように溢れた時代では無いはずです。

お金を払える人も少ない。
お金を稼げる人も少ない。
そんな日本がやって来ます。

今が苦しいとか、このまま歳をとったら大変だとか
その比では無いくらい、想像すれば真剣な悲観につながるくらい
本当に苦しい、今の生活は成り立たない時代がやって来ます。

これは間違いありません。
暇郎の予測では無く
一般的な統計学として。

国会で死亡税が議論され始めましたが
いずれこれも可決されるでしょうから
死ぬのにもお金が必要になります。

老朽化した水道の民営化の話もありますから
水道代も上がることは間違いないでしょう。

他の国の流れを見ると
民営化されれば水道代は3倍以上になります。

年金も毎年1%徴収を増やして
渡す分は毎年1%ずつ減らしていく流れですので

そもそも年金は本当にもらえるの?

という話もよく出て来ますが
どう思いますか?

きっと貰えなくなるとか
少額しか貰えないとか

そんな風に思っていたりしませんか?

日本はCMやメディアを使って国民を上手に洗脳できる国なので
国民の95%の脳裏には
そんなイメージが植え付けられたはずですが

個人的な予測としては
年金は割と額面に近いくらいもらえるかと想像しています。

日本はG7であり
年金を払えなくなったらG7は抜けなくてはならなくなるでしょう。

政府もそこは死守しないと
いよいよ本当に肩書きだけの先進国ですらいられなくなりますので
年金は金額的な面では履行される可能性の方が高いと思います。

数年前から約1100兆円の日本の借金を話題にして
ギリシャ(最近だとアルゼンチン)のような財政破綻やハイパーインフレ
昔のように預金封鎖だとか資産税だとか
そんな話を見かけますが

日本円は機関投資家も扱う安定通貨の1つですから
日本で過激なハイパークラスのクラッシュは起こらないように
世界的にも日本は守られる方向で進む可能性が高いです。

なので
財政破綻や預金封鎖ほどの最悪の事態は
おそらく訪れないだろうとは
その程度には楽観的な期待はしていますが

しかし、その楽観的な期待を実現させるためにも
物価は今まで通りか、それ以上の速度で
上昇させ続けなければいけません。

物価が今までと変わらず、財政破綻もせず
は無いので

マシな方でいけると期待して
物価上昇はハイパーでは無いにしても
そこそこ以上になる想定はしています。

自分は年金が額面通り毎月20〜25万円くらい貰えるので
自分なら老後も年金を頼りに細々とくらいなら暮らせる。

そう思っている方がいたとしたら
その未来想定も現実離れしているとも思います。

銀行のCMが昔は貯めろ、貯めろ(うちの銀行に預けて下さい〜♪)だったのが
最近の銀行CMはお金を借りろ、投資しろ、というCMばかり。

これは銀行がお金を貸したがっているというよりも
もっと奥の政府、よりも奥の国
その統制的な流れのCMですよね。

日本はマネー教育が最低レベルなので
今の大人は銀行はお金を預ける場所、借金はダメ、危ない、良く無いこと
その流れの金融教育でしたが

今の10代は銀行CM(今の金融教育)を見ているので
銀行はお金を借りるところ、投資やビジネスをするため活用するところ
そう教育されて社会人になるはずです。

これ自体は今までの金融マーケティング、金融教育より
かなりマシなのですが
もう今更のその教育では間に合わないですよね。
後手です。

日本が財政破綻しないと想定して(これを想定したらもっと終わってる想定。。)
国民に急激な負担をかけ過ぎないように
上手く緩やかな物価上昇をさせられたとしても
老後のために60歳で1億以上は必要になります。

銀行からお金を借りてビジネスや投資をして増やせ!
そうCMで誘導して国民を動かさないと
将来まともに生き残れる人が残らないのが
今の日本の現状です。これはどう見ても。

30歳の時点で資産が1000万円あるとして
残りの9千万円を貯金で貯めようとしたら
毎月25万貯金しないと60で1億を貯めることは出来ません。

退職金が3000万円程度貰える人でも
毎月20万円以上は貯金しないと到達できません。

これ、普通の給与で貯金するには結構厳しいですよね。
でも普通にこれくらい出来ないと
生き残るのが厳しい未来
楽観的なやんわりな未来を想定して、これくらいです。
実際はもっと厳しいかも。。

また、最初に2040年の話をしましたが
これから給与も日本の経済も落ち込むと想定せざるを得ませんから
なかなかにしてハードです。

ちなみに

ご存知の方は多いはずですが
日銀は昭和21年に一度破綻していますよね。
その時に日銀の債券を買い取ったのは国外ですから
ブラックロックやらやら。。

日銀の運営は日銀ですが株主は主にアメリカ側

日本の経済は破綻させない程度に殺さず生かし
国外の事情で活かされるの運命です。
今もこれからも。

また

マイナンバーの制度が始まり
情報としていつから発表されていたのか
未だよくわかりませんが

当たり前のように
単身者で1000万、夫婦で2000万円を越す
預貯金、不動産、有価証券
これらを持っていると税金を増やすと。
いつの間にやらもう発表されていますので

国内の不動産投資をされて現物抱えている方はもちろん
普通にマイホームで購入されてローンが残っている方まで
なかなか以上にハードな時代到来です。

経営者はもちろん、政治家くらいになれば
日本の金融教育以前に
金融リテラシーがしっかりされてますから

今年もこれから政治家の資産が新聞でも掲載される時期が来ますが
皆さん綺麗に庶民的なまでに資産無いですからね。笑

あれは収入が大きいこと隠すための
下手なカモフラージュ等ではありません。
メディアでそんな解説や茶化されていたのは
国策で金融リテラシーを低くして来た背景です。

そこそこ程度かそれ以上に資産を持つはずの政治家が
庶民的(というより貧乏的)なまでに資産無いような数字になるのは
金融リテラシーが普通にあるから
資産を国内で持つ形にしてないだけです。

違法でも何でも無く、普通に合法に、何も問題なく。

国民の金融リテラシーは貯金程度に留めつつ。
きちんと知識を持つ側だけが準備を整えています。
資本主義経済において情報を持つものが強者であり
この社会においても世は弱肉強食です。

ようやくここ数年
始まったの国民のリテラシー教育?
くらいな今なので

メディアの解説もこれからは今までよりは多少
きちんと解説されるかと想像はしますが。。

ここ数年
オリンピック以降の日本経済は暗いだとか
オリンピック1年前から暗くなるだとか
色々言われてきましたが

日本だけ考えても結構厳しいですが
世界の流れも含めると
もっと辛い時代が間違いなく来ます。

未来というよりも、割ともうすぐ。

昨年もニュースで株価が好調(最近は下落しましたが)だった際に
「いや〜給料は変わらないので実感は無いですね〜。」
というような街灯インタビュー映像が流れていましたが

あと数年したら
多くの方が今の時代が好景気だったこと
知ることになるはずです。

今の時代はこれでも好景気なんです。
きっと。本当に。

今が好景気の終盤で
これからの自分達が生きる時代では
日本の好景気はもう来ないかもしれませんので(普通に考えて要因は無いですよね)

今持てる自身の資金や能力を活かして
今のうちにチャンスは掴んで増やしましょうね。

今年はその最後の年くらいの覚悟で(おそらく本当にそう)
今一度本気になって各々駆け抜けた方が良いかと
本当に切に感じつつ、今記事を書いております。

今の日本円の1万円の価値は
2040年にはどの程度の価値になるのでしょう?

半分の5千円分くらいでは楽観的過ぎで
リアルなところは2〜3千円程度のところかなと
暇郎は想像しています。

先ほどもYahoo!ニュースで
スパリゾートハワイアンズが期間限定キャンペーンで
開業当初の宿泊料と同じ額を入場料とする告知が取り上げられていました。

そこに掲載されている情報を見ても
50年くらい前の開業当時の入場料が350円、今の入場料が3500円
物価10倍ですね。
数十年で物価はこれくらい上がって来ました。

また、これからの日本は
これまで以上に物価を上昇させなくてはいけません。
そうしなければ破綻ですので(破綻させないはずですが)
物価は今まで同様かそれ以上に上がります。

このような時代を実際に過ごしてきているのに
未だ国民のリテラシーは資産価値を失い続ける貯金が基本ですから
恐ろしいですよね。

暗くなりましたか?

なかなかにして現実は厳しい流れではありますが

同時に今の時代の日本人で居られていることは
まだ恵まれている可能性に溢れていることも事実です。

今の日本はまだ本当に先進国ですし
国民の生活も豊かです。
貯金もあります。
(貯金のままでは未来暗いですが、今活かせばまだ未来は明るさも。)

2040年に働き盛りとなる今の子供達
これから生まれてくる日本人
私達の後輩は本当の貧乏国からの大変なスタートになるので

未来の日本で一緒に
後輩に機会や価値を残せる大人で在れるよう
今のうちにきちんと資産を築き残せるようにしておきましょうね。

暗い話を書いたのは
暗いのはこれからの未来であり
今はまだチャンスを活かせる時代であること

その最終盤にまだ引っかかっている時代であることを意識して
未来から見れば本当に恵まれ過ぎている今の時代のチャンスを活かし
築くもの今のうちに築いてしまいましょうね。

2019年が多くの日本の方にとって
活かせる年になるよう願っています。

少し前の暇郎は
良い情報や良い人脈を求めていましたが
今は自分の行動・決断・実行のスピードを意識しています。

結局のところ
この3つを持つ人が良い情報や良い人脈に辿り着き
そして最も有効に活かすことができるので。

暇郎は割と考えている時間が長いので
行動・決断・スピードが早いタイプでは
決してありません。

ただ

自分よりも大きな何かを掴んで来た人は
この3つが自分よりも確実に強烈であり
残念ながら自分よりも成果が薄い人は
この3つが自分よりも確実に少ないこと

幾度も観察〜確認しました。

ビジネス手段も投資先も
普通に生活されていたらご存知無いであろうところまで
情報はありますが

それらの情報を文章で書き残すだけでは
おそらく活きないことも今までの経験で存じております。

それでも書き続けるのは
情報や縁に可能性を感じてご自身で動き始められた方は
その動いた先で本当に活用できる情報を掴むことも知っているからです。

今までよりも動けば
絶対に今までより沢山のもの獲れますから!
今の時代なら、まだ。

頑張って下さい。応援しています。
何かありましたらいつでもご相談ください。

暇郎